揚げ蒲鉾の王者・さつま揚げ

魚のすり身は全国的に用いられる原料ですが、そこから生まれた蒲鉾をさらに揚げたもの、と言われると「さつま揚げ」という名称を思い浮かべるのではないでしょうか。地元では「つけ揚げ」とも呼ばれており、これが琉球の類似料理「チキアーギ」が伝わったのが揚げ蒲鉾文化の流入では・・・など由来に諸説ありますが、実は確かな文献・記録がなく珍ぷんかんぷん?しかし何より揚げ蒲鉾の消費量は鹿児島県がダントツ一位の郷土食なのです。
醤油も甘いほどに甘いモノ好きな鹿児島県の特産品ですが、全国の皆様のお口に合うように甘さを抑え、素材本来の風味を引き出しきめ細やかで弾力のある食感に仕上げています。
「月揚げ」とも呼ばれる雅な姿

れんこんやチーズ、様々な具材に挑戦
原料の練り合わせ

揚げたては一層ふっくら

取材協力:
南海食品株式会社

当組合の取材・調査による上記の文章や写真の無断転用を禁じます。