1300001

 

シオマネキ蟹の塩辛。

 

珍味がんづけ、真がに塩辛ともいわれる伝統珍味で、独特の色あいと濃厚な味が好まれます。

何しろ風変わりな珍味です。少し商品のお話をさせてください。
古くから私どもの地元(有明海沿岸)では「真がに漬け」(がに漬け・がんつけ)と呼ばれて食卓で親しまれてきました。飛鳥時代には宮中でも食されたという文献も残っており、万葉集にも歌われているような伝統食品です。
珍味「真がに漬け」は、小さなカニをまるごとつぶして塩漬けにし、唐辛子、醤油などで味を調えた、いわば「カニの塩辛」です。原料の「シオマネキ」(スナガニ科)は有明海をはじめ、わずかな地域でしか生息していません。

 

ganiduke_image_02

 

カニ捕り名人

 

捕獲には熟練の技術が必要で、地元には何人か「カニ捕り名人」がおられます。干潟に入り、巣穴に腕を入れて、素早くシオマネキを捕る姿はまさに名人芸。

珍味 蟹漬(がんつけ)/取り扱い店はこちら

 投稿者: