玄 海 漬

●取扱品目
鯨の軟骨を精製し調味酒粕に漬け込んだ玄海漬をはじめ
貝柱粕漬、海茸粕漬、あわび粕漬その他鮮魚粕漬
●主要商品
玄海漬、粕漬詰合、魚まつり粕漬

玄海漬株式会社
〒847-0114 唐津市佐志中通4065-41
TEL 0955-73-3804 FAX 0955-73-3805
kafu@mxr.mesh.ne.jp
http://genkaizuke.co.jp/

会社案内
古来より、玄界灘では、捕鯨が盛んに行われていました。明治中期その鯨の軟骨を調味粕に漬け込んだものを製品化しました。それが玄海漬の始まりです。現在では海茸その他貝類及び魚介等の粕漬その他水陸産物の加工も手がけております。調味粕は、京都伏見灘の銘酒粕を使用しております。現在では、長年ご愛顧いただいているこの玄海漬を主力商品とする山海の珍味製造販売を行っております。本社店舗も平成二十一年三月に新築して以来、地元のお客様をはじめ県外のお客様に多数お越しいただいております。また、年二回(三月と十月予定)本社店舗にて“玄海漬祭り”を開催しております。

このページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。