kabu

海の幸、人の幸

 

 

竹 八 漬


有明海のみに生息する海茸(二枚貝)を塩漬けにし、短冊に切り、厳選された酒粕と独特の加工法で醸成。コリコリとし、粕と一緒に一年中ご賞味いただける絶賛の粕漬です。有明名産の海茸を有田焼の器に入れました。お土産に、贈り物にいかがでしょうか。

株式会社竹八
〒840-2212 佐賀県佐賀郡川副町犬井道590
TEL 0952-45-1515 FAX 0952-45-5005
webmaster@takehachizuke.com
http://www.takehachizuke.com/

 

takelogo会社案内
昭和7年先代社長竹下八郎が個人で、竹八商店を佐賀県佐賀郡川副町犬井道590に設立開業。「味を通じて社会に奉仕する」をスローガンに、昔の素朴な味を頑固に守り、明日の食生活を豊かにするを目指して消費者ニーズにマッチした製品造りに、日々研究を致しております。取扱商品は竹八漬(貝柱、海茸、鮑粕漬)、はがくれ漬、ワサビ漬、うにくらげ、鮫軟骨、肥前漬、真がに漬、むつごろう蒲焼き、干しわらすぼ、貝柱うに等です。
昔ながらの地下蔵で時間をかけ熟成させた酒粕はほんのりピンク色で甘くなめらかな口あたり。
そんな酒粕をブレンドして作り上げた竹八漬はふっくらと炊き上げたご飯に飴色に輝くこれとない贅沢な美味しさです。

このページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。